大分市の歯科・小児歯科・口腔外科・審美歯科|顎関節症・ホワイトニング

〒870-0125
大分県大分市大字松岡4713-1
TEL:097-520-0030

 

トップページ»  小児歯科

小児歯科

小児歯科とは?

小児歯科とは子供の虫歯予防、虫歯治療、歯並びの治療、そして歯周病の予防と治療などを行うところです。
虫歯を放置することは、味覚形成や顎の成長などに影響を及ぼします。
当院では、将来の歯並びなどに不安をお持ちの保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。
そのために必要なことは、「子供に嘘をつかないこと」です。
こどもは歯科治療に対して何らかの不安や恐れをもっています。
歯科治療を受ける子供達の心理的な問題について充分に理解することから治療をスタートさせ、子どもの心配を取り除き、リラックスして治療が受けられるように指導し、生涯を通じて歯科治療に対して悪いイメージが形成されないように注意します。

 

赤ちゃんのムシ歯

ムシ歯菌は、食べ物の口うつし、スプーンなどの併用、キスなどから唾液を介して感染します。ママや家族のお口の中にムシ歯菌がたくさんいると、何らかの機会にママをはじめ家族の誰かからムシ歯菌が赤ちゃんのお口に感染しやすくなります。
赤ちゃんに感染させないために!
生まれてくる赤ちゃんの歯を守るには、出産前にママを含む家族みんなのお口の中からムシ歯菌を減らすことがとても大切。やわらかな乳歯はムシ歯菌の大好物、もしムシ歯になってしまったら他の歯にもムシ歯が広がってしまう可能性があります!生まれてくる赤ちゃんの強い歯を育てるために、家族みんなでママの妊娠中からお口をきれいな状態にしておきましょう。

 

乳歯の重要性

乳歯は、一定期間使うと永久歯に生え替わります。
短い期間に子供の成長において多くの大切な役割を果たしています。
乳歯の役割は大きく3つあります。

まず1つ目は「噛むこと」です。
よく噛むことは、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。

2つ目は、「発音」です。
たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しくキレイな発音が可能になります。

最後に、「永久歯の誘導」です。
乳歯から永久歯に生え替わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。
そのため、乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

このように大切な役割がある乳歯を、虫歯のまま放置しておくことは、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。
虫歯予防に努め、虫歯になってしまったら早めに当院までご相談ください。

 

小児の歯科治療の前に

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人に我慢できることでも子どもにとっては大変なことです。特に小さなお子様なら尚更のことです。
当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。
恐がることはなく、安心して治療を受けに来てください。

(1)受診は午前中がおすすめ
小児歯科でも、幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、
体調の良い午前中に受診することをおすすめしています。 

(2)嘘はつかない
なるべく嘘をついて連れてこないようにしてください。かえって嫌がる原因になります。
その分、治療の後は、たくさん褒めてあげてください。 

(3)身軽な服装で
幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をかくこともあるので、
治療中はTシャツなど身軽な服装でご来院ください。

(4)リラックスさせましょう
待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、治療前にできるだけリラックスさせるようにしてあげてください。

 

定期検診を受けましょう

定期的に検診を受けると、最初に受けた年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデーターがあります。
13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて検診を始めた人はそれ以前で始めた人より、2倍くらいの虫歯ができています。
このデータから、いかに小さい時からの予防が大切かということがわかります。

虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。ご家庭での歯みがき習慣などのケアはもちろんですが、半年に一度は歯科医院で歯科健診を受けられることをおすすめします。そうすることによって痛む前に完治し、咀嚼力を確保できると同時に完治した乳歯が永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。